< 2009年04>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2009年04月27日

HK2023B

 しばらく休んだなりにちゃんとネタを仕込んでくるのが魂と自称するサイトの根性。えぇ、見つけてきました。フツーのチープガン。とーってもチープガンらしいチープガン。いかにも中国製。その風情こそがチープガン。あぁなんだかふるさとに帰ってきたみたいな気持ち。
 このHK2023Bは夏祭り露天系でよく見られる商品のようで、あちこちで捕獲報告を聞きます。しかしほとんどのばあい射的の商品になっているので本当の価格は不明。たぶん中身からして300円級でしょうか。
  続きを読む

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(12)新・チープガン列伝

2009年04月12日

意気地なしのお知らせ

 これまで午前0時2分更新の日刊記事で展開してまいりました「チープガン魂」でありますが、昨今の中国製チープガンの入荷状況や2職を抱える管理人の激務の状況に鑑み、やむなく週刊とさせていただくここと相成りました。
 今後は月曜午前零時を目標に細々と着実に記事を展開し、モノによっては月・火に分けるなどしてまいります。
 たいへん意気地なしで恐縮ではありますが、ご愛顧いただいました皆様には引き続きご指導ご鞭撻くださいますようお願い申し上げます。

   
タグ :チープガン

Posted by こたに大将 at 17:31Comments(4)日本チープガン連盟史

2009年04月11日

全国グリップ週間(6)~蠍の脚はCカップ?

 いいえワタシはサソリ座の男~♪
 いえ、オイラは牡羊座です。もうすぐ誕生日です。
 でもサソリが好きです。サバゲではメインアームがサソリ2挺。長いのキライ。
 不思議なテッポーですよ。マルイの電動にドラムをつけてひたすら弾幕を張るオイラですが、けっきょく片手で操ることが多かったこのスコーピオン。小さいけれどもバランスのいい場所についたこのグリップが実にしっくりと馴染むんですね。小手先で左右に振れるようなカタチです。手のひらにすっと収まるCカップの美形オパーイってとこですかね。
 なぜかエロエロ路線になってしまった全国グリップ週間でありました。  

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(0)全国グリップ週間

2009年04月10日

全国グリップ週間(5)~キレコミ

 今週は具合の話でしたね。具合。
 男と女の相性は何をおいても「具合」だとかつて宣言しました。性格の不一致なんて小さな問題です。性格なんて十人十色千差万別なんですから。それよりも具合。具合さえよければうまくいきますって。そういう意味でピンと来た女性とはなるべく早く寝て確かめちゃうべしというのがオイラの持論です。でも愛したら長いですよ。ウフ。
 それにしても、「あ、これ!」と思う具合に出逢ったときの喜びったらないっすよね。それこそキレコミの入ったグリップに指がしっかりと収まったかのような。もうこの位置しかないだろうってなポジション。究極はAPS銃ですけども、コンバットマグナムやG26なんてのもいかがでしょう?
 ちなみに今日のこのレボルバーはライターなんすけどねw  
タグ :グリップ

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(0)全国グリップ週間

2009年04月09日

全国グリップ週間(4)~S&W

 女性の「名器」に「カズノコ天井」というのがありますが、残念ながらそんな女性にお手合わせいただいたことはありません。あれ、先っちょが当たるとスゲーらしいっすね。そんな女性の方はぜひ名乗り出ていただきたいですし(こたに、土下座してでもお手合わせをお願いします)、ご経験のある殿方にはぜひ「スゲー」のご感想をコメントしていただきたいものです。
 で、S&Wですけども。何が好きって、S&Wが好きなんですけどね。どこが好きって、握り具合が好きなんですけどね。
 イボイボがたまりませんワ。なんかこう、手のひらに貼りつく感覚。オイラが愛してやまないPC356も、何がステキってグリップですよ。しかもPC356の場合、グリップが細いのでしっかり指が回りこむんですね。抱きしめた腕が女性の脇に回りこむような感覚。
 M450xはちょっとグラマラス。これはこれで肉感的で抱き心地がいい。しかもウェットなカズノコ天井。ゴム付きで感触サイコーなのはテッポーだけ。
 ちょっと路線がエロくなってきた今日この頃です。  

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(2)全国グリップ週間

2009年04月08日

全国グリップ週間(3)~ちっちゃいやつ

 コンパク党のみなさまお待たせしました。ちっちゃいテッポーです。お届けするのはグロック26と、ちょいとそこいらにはない幻の逸品、コルトのポケットナイン。
 オイラは170センチぐらいの中肉中背なんですけども、どちらかというと背のあまり高くない女性の方が一緒に歩いていて心地良い気がします。理想的には154~158センチぐらい。それより小さな娘はまぁいちおう萌えではあるものの、さすがに150を切ってくるバランスが悪くてキスなんかちょっとし辛いかもしれないし、正常位でも相手の顔が埋もれてちょい気まずいっすw
 さてさて。こういうコンパクト系はそもそも構えて狙って撃つというよりは至近距離からズドンといく護身用に特化しているとは思うものの、それでもなおG26はマガジンに工夫がしてあって指がきちんと収まるし、ちゃんと「構えて撃つ」ができるカタチになってますよね。そのせいかどうか、このマルイのガスは良く当たります。バレルもけっこう短いのに。
 それに較べてポケットナインは指が余っちゃうんですよ。タクティカルな格好をしてるわりにはこのへんのツメが甘いというか何というか。
 ともあれG26の握り具合はけっこう好きかも。小さいのにこれほど安心して握れるテッポーはなかなかない気がします。テッポー自体のバランスの良さもさることながら、グリップのフィット感が貢献している部分も大きいのでは?
  

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(0)全国グリップ週間

2009年04月07日

全国グリップ週間(2)~新旧米国制式拳銃

 ベレッタに取って替わられた後もなお人々の心を掴んで離さない1911年製のテッポー。やはり具合もさることながらそのカタチの普遍性によるものでしょう。
 とはいえここはグリップの握り具合の話。
 ベレッタのグリップというのはやっぱ太いです。デカい米国人兵士にはちょうどいいんでしょうか。特に黒人兵の増えた時代にはちょうど合っているのかもしれません。
 割と手に余裕のあるオイラにはガバもベレッタも違和感なく握れますが、手の小さい方にとってベレッタはちょっと扱いにくいテッポーなのかもしれません。
 でもベレッタのこの分厚いグリップというのは何だか不思議な安心感をもたらしてくれますね。
  

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(0)全国グリップ週間

2009年04月06日

全国グリップ週間(1)~ルガーとワルサー

 やっぱテッポーの「具合」といえばまずこのへんから始めるのが順当でしょうか。
 えぇ、特にルガーP08。08っていうぐらいですから1908年のシロモノなわけですが、思えば生誕100年を過ぎているというのに未だテッポー好きを魅了してやまないこのフォルムったらいったい何なんでしょうね。このグリップはまさに「握られるためにあるカタチ」。そしてふつうに握ればごく自然に銃口が地面と平行になる。この当時、「人間工学」なる言葉があったとはとても思えないわけですが、おそらく人間工学というのは初めに人間ありきではなくて、こういうスグレモノのありようを研究した成果であると思うわけです。チープ用にデフォルメしてもなおその個性を失わないカタチ。普遍とはたぶんこういうものを言うんでしょう。
 そういう意味ではワルサーP38も同じ。ルガーに取って代わっただけのことはあります。握れば自然に銃口が標的を向くのはルガーと同じ。しかし少し厚みがある分だけフィット感が増し、取り回したときにはやや華奢な感じのするルガーに比べていくらか安心感を与えてくれます。コイツもまた、チープになっても元の個性が色濃く残るだけの強い個性。
 ともあれ、妙に具合の良いドイツ娘たち。共通するのはキュッと上がったヒップライン。あぁたまらんす・・・  

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(0)全国グリップ週間

2009年04月05日

全国グリップ週間

 え~3月19日にご案内しましたとおり、勝手ながら今週4月5日から「全国グリップ週間」とさせていただきます♪
 とはいえ「こんなかっちょいいグリップ持ってるよ」とかそういうお話では決してなく。至極単純な「具合」のお話であります。握り具合。
 男と女の相性を決めるのもしょせんはあっちの具合。心が離れてもなお身体は正直なんでありまして、あっちの相性さえ良ければどれほどひどく喧嘩別れしてもちゃーんとよりが戻るってなもんで。
 テッポーもまた具合でありますよ。握り具合。握ってナンボ。
 握った瞬間に「あぁ、これがオレの望んでたテッポーだよ~」なんてことけっこうありません?
 なわけで、今週はそんな「具合」についてたっぷりしっぽり考えてみる週であります。
  
タグ :グリップ

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(0)全国グリップ週間

2009年04月04日

奇跡の弾道を目指して(5)~クセは直ったか?

 樹脂製バレルのチープガンの弾道をまっすぐにしちゃおうという試みです。毎週土曜日にお送りしてます。
 さて今回は、マズルにゴム手袋をかけて正常なホップ回転になるかどうかの実験です。以前ご紹介したとおり、このテッポーの癖は左曲がり、つまり右投手で言うならスライダーの回転がかかります。何もしない状態だとタマは最初から少し左の方に飛び出して、それから左へグイグイと曲がってきます。
 それがこの急造フィルターでどれぐらい是正されるものか。今回の実験ではそこを調べてみます。

 いざ発射!

  続きを読む

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(0)奇跡の弾道プロジェクト