< 2008年09>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2008年09月30日

世界平和銃

 Martial Tool、直訳すれば「戦争の道具」ですが、何だかこのモデルを見てると平和な世界を想像しちゃいます。
 今日ご紹介する新作チープガンはM2059なる長モノ。が、全長は50センチ程度のコンパクトサイズ。
 どこが平和かって? そりゃもう東西融合の象徴みたいなモデルですから。
 駄菓子屋末端価格で580円。
  続きを読む

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(2)新・チープガン列伝

2008年09月29日

銅よ?

 気合で臨んだ浜口京子は銅メダル。男子800mリレーは幸運の連続で銅メダル。田村で金、谷で金、ママで銅。その銅メダルすら獲れなかった星のジャパン。
 銅メダルっていうのはある意味、金メダルよりもずっと奥深いドラマを見せてくれるような気がするんですよね。銅の放つ金にはない温かみを含んだ紅い輝きは、決して完璧ではない、人間らしい温かみの象徴である気がしてならないんですよ。
 鉄器時代に先立つ青銅器時代。鉄を溶かすだけの技術はないものの、何とか銅だけは溶かして剣や日用品を作っていたケナゲな人々。一時は無敵だったはずの人々も、やがてつよーい鉄器を持った連中にあっさり征服されちゃうんですけどね。この情けなさといったらまさにチープガンの哀愁そのものじゃないですか。
 そんな銅の赤味に魅せられたオイラは、いまマイブームの自宅メッキでいろんなものを赤銅色に染めてみました。
 といっても百均で見つけてきたブツばっかしですけどw。

  続きを読む
タグ :銅メッキ

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(7)メッキ工房

2008年09月28日

アカデミーまつり(計測編)

 10日間にわたってお送りしました韓国・アカデミーまつり。最終回の今日は総集編として初速計測データをお届けします。
 マイブームの0.12gと、いつもの0.2g弾で測ってみました。5発撃った中の最大値です。
 しょせん「10歳以上」のパワーですが、モデルによってずいぶんバラツキがありますよ~。
  続きを読む

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(0)アカデミーまつり

2008年09月27日

アカデミーまつり(7)~隠しダマのmicro UZI

 韓国・アカデミーまつりもそろそろファイナル。序章の時には伏せておいた隠しダマがこの無用の長物をご紹介します。
 「micro UZI」ですよ~。
 ウチにはTMのミニ電動ガンのUZIもありますが、コイツは残念ながらフルオートじゃありませんorz
  続きを読む

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(5)アカデミーまつり

2008年09月26日

アカデミーまつり(6)~TAURUSミレニアム

 韓国・アカデミーまつりも終盤です。今日はTAURUSミレニアム。つい先月ご紹介したばかりでしたっけ・・・
 トーラスと読むかタウルスと読むか。原産地(ブラジル)からしてタウルスが正解のようです。
 このテッポーについては他でモデルアップされている様子がまったくないこともあり、ある意味とーっても希少なモデルです。流通量も非常に少ないし。
 隠れファンも意外と多かったりしますよ。
  続きを読む

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(4)アカデミーまつり

2008年09月25日

アカデミーまつり(5)~COLT 25 AUTO

 中盤を過ぎた韓国・アカデミーまつり。今日はこのシリーズの代表格として名高い「COLT 25 AUTO」です。
 ポケットガンの代表格でもある「COLT 25 AUTO」。コイツがトイガン化されたものの中で最もポピュラーなのがアカデミーじゃないでしょうか。けっこう流通しているようで、オクでもよく見かけますね。オイラは鎌倉のつげさんでゲットしました。
  続きを読む

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(0)アカデミーまつり

2008年09月24日

アカデミーまつり(4)~GLOCK26

 韓国・アカデミーまつり、今日はGLOCK26です。
 GLOCK好きにとって、コイツはどうなんでしょうねぇ。「邪道だ! 許せん!」とくるのか、あるいは「コレもGLOCKはGLOCKだから手に入れなくちゃ」とくるのか。
 このモデル、微妙なツッコミ所が満載です。そこを笑って済ませるか、それとも許し難い冒涜として糾弾するか。いずれにしても微笑ましい「なんちゃって」モデルです。  続きを読む

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(2)アカデミーまつり

2008年09月23日

アカデミーまつり(3)~S&W M5906ミニ

 このシリーズの特徴はコンパク党で魅力的なテッポーがラインナップされていることですが、中にはこんなのも。
 M5906ですが、「MINI」とついたコイツは縮小版だったりします。
 しかし、縮小ガンながら随所にこだわりの施された立派なテッポーですよ。



  続きを読む

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(0)アカデミーまつり

2008年09月22日

アカデミーまつり(2)~ワルサーPPK

 韓国・アカデミーのシリーズ、今日はワルサーPPK/Sです。
 ジェームズ・ボンドのテッポーとして有名なこのモデル。第18作「007 トゥモロー・ネバー・ダイ」でP99に代わるまでPPKが使われてました。
 この洗練されたデザインからして新しいものだと思っていたら、実銃は1931年(昭和6年)の発売なんですね。まさかP38より旧いとは。日本のSPや皇宮警察でも現在のSIG P230の日本仕様が使われる前はコイツが使われていたそうです。



   続きを読む

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(4)アカデミーまつり

2008年09月21日

アカデミーまつり(1)~SIG P230

 この三角定規というかキツネみたいなカタチのテッポーにはいろんなのがありますが、中でもコンパクトな割に重厚な面持ちなのがコイツ。
 コンパク党御用達ってなサイズですけど、そんなサイズのテッポーばかりがラインナップされたこのシリーズ。
 ともあれ小さいのにズッシリ感のあるモデルです。
  続きを読む

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(3)アカデミーまつり