< 2017年08月 >
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2008年10月20日

駄目銃改造(2)~ささやかなパワーアップ

 さていつもの分解。今や中華スタイルの分解・組立なら瞬きを1回もしないうちにこなす自信があります。けっこう眼が痛いですが。
 外見はけっこういろんな工夫が見られるようになった中華チープガンですが、中身となるといつまで経っても変わりばえがしないですねぇ。一つだけ改善されつつある部分があるとすれば、ある時期からバレルをアウターが包むようになって、マズル付近のハマりがけっこうタイトになってきたことでしょうか。おかげで貧弱ではあってもけっこうグルーピングが向上しているように思います。
 もっとも、バレル自体が樹脂である以上、まっすぐ飛ぶかどうかの当たりハズレも大きいですけどね。
 と、もう少しバラしてみますか。

  続きを読む

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(0)中華銃改良計画

2008年10月19日

駄目銃改造(1)~ダメさ加減

 チープガンにもスジの良いのと悪いのがあるという話は以前も書きましたけど、本当に箸にも棒にもかからないようなひどいモデルがけっこうあるんですよ。価格はだいたい100円級。価格相応というか何というか、いわゆる安かろう悪かろうのテッポー。見栄えは悪いし、タマはあさっての方向に飛んでいくし、おまけにすぐ壊れる。コイツもそんな類です。
 しかしそんなモデルをどこまでまともなテッポーに近づけるかというのもまたチープガン魂。かつて100円の袋入り銃を手放し難い優良チープガンに仕立てたあの情熱で、今度はコイツのシンデレラストーリーを綴ってみましょう。  続きを読む

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(2)中華銃改良計画

2008年10月08日

極上ベビーガンへの道(上)

 チープガン「魂」などと銘打っている当ブログですが、さてこの「魂」とはいったい何ぞやと今さらながら改めて思いをめぐらすに、チープな素材をネタにどこまで深く突っ込んで遊べるかという部分じゃないかと。そんなわけで駄菓子問屋で100円だった袋入りチープに2000円以上もするバレルを突き刺してみたり、いろいろやってきました。
 さて今回のモデルは260円。件の100円モデルからすれば少々値が張りますが、それは余計なLEDライトの値段分として、テッポー本体は明らかに100円級。チープ中のチープでありながら、最近にはなかった特異なデザインと、このクラスとしては破格のパワーとグルーピング。これを弄らずして何を弄る??
 ということで、コイツを極上ベビーガンにするため、直します。塗ります。磨きます。
  続きを読む

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(1)中華銃改良計画

2008年07月27日

空しい達成感

 そうは問屋が卸しませんぜ、ダンナ。
 って、昨日ご紹介した失敗の巻。
 チープV10モドキのバレルに市販の8φアルミパイプを使ってみた暴挙はもちろんカナシイ結末に。
 当たり前です。BB弾とバレル内面との隙間から空気が漏れちゃうわけですから。まず内径計れよorz
 そこで買ってきました、エチゴヤで。ちゃんとしたバレルを。
  続きを読む

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(2)中華銃改良計画

2008年07月26日

ケチがバレる!?

 以前、極上チープガンを作ったとき、樹脂製のバレルをマルイのG26用のバレルに交換してさらに気密性を高めてみたら弾速もグルーピングも格段に向上しました。
 そこで今回も「魂のチープV10」に同じ手を施します。
 何しろこの非力ですからね・・・orz  続きを読む

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(2)中華銃改良計画

2008年07月25日

魂のV10モドキ(4)~グリップ交換編

 フレームやスライドがほぼ共通で微妙にデザインの違うチープガン・シリーズはけっこうあるんですけど、先日のハンマーの折れてたテッポーも、よく見ればスライドとグリップ以外がV10モドキとまったく同じであったりします。こういう時はまずもっていいトコ取りの交換を試みるのが常道。
 スライドはV10モドキの方が圧倒的にカクイイものの、グリップは木グリ風のこっちを採用。
 おぉ、さらに映えましたるこのチープ・コンパクト・・・  続きを読む

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(2)中華銃改良計画

2008年04月13日

バレル・アジャスター

 やっちゃいました。こんなことも。
 中華チープガンのやんちゃなバレルを固定するため、アジャスターをつけました。
 チープガン改良においてもなお暴走を続けております。
  続きを読む

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(2)中華銃改良計画

2008年04月03日

グルーピング向上への執念~チープガン魂の挑戦

 マルイG26の純正バレルを搭載したりなど、掟破りの荒業で極上に仕上げた「INFINITY mini」ですが、グルーピングという点ではまだ納得のいくレベルにはありません。そこにはまだ中華チープガンに特有の構造的欠陥が潜んでいたりします。
 そこで、また強引な改良作業を敢行することにしました。  続きを読む

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(2)中華銃改良計画

2008年03月19日

極上チープガン(下)

 遠く中国のどこぞの工場でこの銃を組み上げた女工さんは、まさか海の向こうでこんな姿に生まれ変わるなんて想像だにしなかったでしょうなぁ・・・
 ということで今回はコイツの写真特集です。


   続きを読む

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(5)中華銃改良計画

2008年03月18日

極上チープガン(上)

 やりました。テマヒマカネをいっさい惜しまず極上のチープガンが完成しました。
 「プリティ・ウーマン」のリチャード・ギアになった気分です。
 見境なく掟破りも敢行しています。  続きを読む

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(4)中華銃改良計画