< 2017年07月 >
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2008年09月06日

チープ弾試しぃ!(9)~「最凶ガスが撃つ」

 さて、我が家で最強パワーのテッポーであります。とうとうコイツで0.12g弾を撃つ時がやってまいりました。
 しかしコイツだけは少しもったいぶりましょう。てなことでまずはAPS用の0.29g弾から。
 気温は摂氏28度。マグをお日サマに晒しておけばもっとイクんでしょうけどね。怖い数字が出たらいやなのでw
 それでも0.73Jのパワー。
 では次に0.25g弾を。

  続きを読む

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(0)チープ弾試し

2008年09月05日

チープ弾試しぃ! (8)番外「ストライカーの意地」の巻

 執拗に0.12g弾を撃ちまくるシリーズのクライマックスを迎える前に、ちょっとイタズラを。
 この単純ストライカー式P38でウチでいちばん重いタマ(0.29g弾)を撃ってみたらどうなるかな、と。
 結果は・・・いったいどういうわけ??
 0.12gの時と初速が同じなんて。0.02Jって出てるし。
 何回か計測したんですけど確かにこの数字なんですよ。けっこう根性あるなぁ。いや、恐れ入りました。  

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(0)チープ弾試し

2008年09月04日

チープ弾試しぃ! (7)「G26」の巻

 0.12g弾を撃ちまくる企画もいよいよ大詰め。ガスガンの登場です。
 といっても少し控えめにマルイのGLOCK26から。昨日ご紹介したエアコキのスコーピオンよりやや弱めで80m/secでした。まぁ弾速がどうのってモデルでもないですからね。
 でもタマは上ずりますぞ~。5m先の同心円の的のいちばん下を狙っても真ん中より上に当たりますから。このテッポーでもさすがに0.12g弾は実用的じゃありませんな。それにバラツキがひどいし・・・
  

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(0)チープ弾試し

2008年09月03日

チープ弾試しぃ! (6)「サソリは猛り狂う」の巻

 0.12g弾を試すこの企画もだんだん強いテッポーになってきました。
 エアコキのスコーピオン(マルイ)は0.25弾でもそこそこのパワーが出るので期待していたんですが、やっぱ0.12g弾ともなると激しい数字が出てきますね。90m/secに届きそうな勢いです。
 ただし固定HOPのため、発射直後にブォーンと唸りそうな勢いで上ずり始めます。とてもじゃないですがこのあたりのパワーのHOP銃になってくると0.12g弾は実用的じゃなくなってきますね。
  

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(0)チープ弾試し

2008年09月02日

チープ弾試しぃ! (5)「最凶の海賊」の巻

 ネタ切れで困り果てているのがバレバレのチープガン魂は、なおも0.12g弾を撃ったらどうなる?の企画を強行しますw
 以前もご紹介しているこのいかがわしい海賊テッポー「6136A」に秘められた意外なパワー。130円でこの初速ですよ。0.2g弾でも軽く50m/sec超えだったんですが、0.12g弾だと66m/secにも達します。おまけにグルーピングも(左右は)悪くないし。掘り出しモノというのはこういうのを言うんでしょうね。
 ただ、0.12g弾だと多少上ずり気味かもw  

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(3)チープ弾試し

2008年09月01日

チープ弾試しぃ! (4)改良中華チープの巻

 しつこく行きますぞ。0.12g弾を撃ったらどーなるの?特集です。
 今日は改良チープガンのさきがけ「INFINITY MINI」での試射。100円の中華チープガンにマルイのG26の標準バレルを搭載するという暴挙を施した大馬鹿野郎モデルです。さすがに樹脂製バレルよりは格段に精度もパワーも向上したわけですが、0.12g弾だと40m/secを超えてきました。やっぱ0.2gと比べたらタマの勢いがぜんぜん違います。
 ちなみにコイツ、よく当たるんですよ。やっぱバレルの違いって大きいんですねぇ・・・って、樹脂と比べるなって??
  

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(0)チープ弾試し

2008年08月31日

チープ弾試しぃ! (3)「あのA-95」の巻

 0.12g弾を撃ちまくって評価しております。
 今日は「スナイパーの新標準」としてはからずも有名になってしまったチープライフルの「A-95」。いや、コレ激しく軽いですけどけっこうまっすぐ飛ぶんですよ、ホントに。ただし的を狙うなら5m以内にしてくださいw
 0.12g弾を撃った感覚ですが、やはり勢いが違いますね。当たり前ですが。0.2g弾だと少し重いのか「パシュン」という感じですぐに弾道がおじぎしてしまうところを、ジャリ弾にしてみたら「ピシュ~ン」と小気味よくまっすぐ飛んでいきます。
 ていうか、タマ筋を擬音語で表現するって難しいですねぇ。  

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(2)チープ弾試し

2008年08月30日

チープ弾試しぃ! (2)ストライカーの巻

 0.12g弾を撃ちまくる企画、今日はパッチンガン。ストライカー方式のクラシカルなトイガンです。ワルサーP38をデフォルメしたこのモデルはそうとう有名ですよね。百均やドンキなどあちこちで見かけます。かなり昔からあったような・・・
 このへんのテッポーになると普通のBB弾なんて重すぎてまっすぐ飛ばないんですよw エンヤコーラ!ってなもんでようやく弾き出しても年寄りのションベンカーブ。到達距離5mもアヤシイ??
 しかし0.12gジャリ弾になるとちょいと様相が違いまして、ストライカー方式のこんな貧弱なテッポーでも割と勢いのあるタマがバシバシと軽快に飛んでいきます。懐かしい銀弾感覚。
 ちなみに銀弾はどれぐらいの重さだったんでしょう? 石灰だからけっこう軽かったんでしょうねぇ。  

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(2)チープ弾試し

2008年08月29日

チープ弾試しぃ! (1)チープ「G36」の巻

 先日ご紹介した「G36」なる200円チープガンです。コイツは普通に0.2g弾を撃っても割と勢いがよくて40m/secに到達するんですが、0.12gのジャリ弾だと60m/sec近くまで出ました。初速だけで言うとマルイのエアコキで0.25g弾を撃ったぐらいの感覚です。風の影響のない室内ならけっこう小気味よく的に向かっていきますよ。
 チープガンのパワー評価にはまともな銃との比較がしやすいように0.2g弾を使ってきましたが、やっぱチープガンで遊ぶにはチープ弾に限りますね。  

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(0)チープ弾試し

2008年08月28日

チープ弾試しぃ! ~序章

 日常、おもに使う弾はサバゲだと6mmの0.2gバイオ弾、室内プリンキングではHOP付きが0.25g弾、チープまたはノンHOPでは0.2g弾、APSでは0.29g弾というふうに決めてます。みなさんもだいたいこんなところじゃないでしょうか。
 しかしですね、そんな当たり前のこともぜんぜん知らなかった昨年の夏、最初の中華チープを買った佐久の駄菓子屋で0.12g弾の1800発入りを買っちゃいまして。
 コレ、まったく使いみちがないんですよ。HOP系では上向きに飛ぶし、距離が出てくると弾道が安定しないし、HOP切りレギュレーションのサバゲで弾幕を張ろうにもバイオ弾じゃないから屋外では使えないし、このぶんだとおそらく一生もつと思いますorz
 とはいえこんなモノさえネタにしてしまおうというのがチープガン魂。いや「チープ弾試しぃ!」ということで、開き直って0.12g弾を撃ちまくってみようという企画を思いつきました。
 何がウレシイかといって、軽いから弾速の出ること出ること。中華チープガンでも冗談みたいな初速を出してくれます。
 んなワケで夢の高速体験へ!

 ちなみにですね、写真左の「ランダムシェイプBB弾」についてもいずれその「多彩な弾道」ぶりを評価しますんでw
  

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(2)チープ弾試し