< 2007年10>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2007年10月31日

取り替える女と溜める男 ~男と女と引金と(4)

 女が旧い恋をさっぱり棄てて新しい恋で置き換えてしまうのに対し、男はなぜかすべての恋を後生大事に積み重ねていく。だから男はよくリバイバルに胸を躍らせる。それは男が焚きつけるものであり、女はたまたま恋の空白にあった場合のみ、リバイバルではなく「置き換え」として火遊びに興じるのである。
 銃のラインナップはすでに2桁。もちろん最近買ったものに触れる時間が圧倒的に長いが、ふと旧い銃に触れてみるとまた別の良さを感じて心が移ったりもする。
 もし自分が女だったら旧い銃は逐次処分していただろうか。


 男と女と、引き金と。


 

  

Posted by こたに大将 at 22:55Comments(0)銃エッセイ

2007年10月30日

オトナでなければ遊べない ~男と女と引金と(3)

 雌雄の営みはもともと子をなすための行為でありながらいつか遊戯になった。人類は生殖に必要な体液の受け渡しを人工的な皮膜その他で寸断するなどしてそこから快楽のみを取り出すことに成功したからだ。
 エアガンも同じ。銃は人や獣を傷つける道具であるはずなのに、破壊力を格段に弱めた弾で害のない的を狙うことにより安全な遊戯となった。
 しかし子をもうけられない状況を知りつつ避妊を拒む男がいるように、エアガンの使い手の中にも罪のない生き物を傷つける輩がいる。幼稚な残虐性だ。遊ぶならオトナにならなくては。



 男と女と、引き金と。

  

Posted by こたに大将 at 23:20Comments(2)銃エッセイ

2007年10月29日

女も撃つ側 ~男と女と引金と(2)

 女は抱かれているようで実は抱いている。心理学の本にそんなことが書いてあった。もっとも相手の男を抱いているわけではない。相手の男に自分を投影して自らを抱くのだそうだ。つまりは男を通じた自慰行為か。手鏡にされる身が少し哀しくなる。
 ともあれ男が撃つ側、女が撃たれる側だとばかり思っていたが、実はともに撃つ側だった。そういえばかつて銀幕でセーラー服姿の薬師丸ひろ子が機関銃を乱射した後で「快感・・・」と言い放っていた。
 シューティングも男だけの遊戯とは言い切れそうにない。撃つ本能は女にもある。




 男と女と、引き金と。



 モデル:黒柳陽子 (→Homepage


 

  

Posted by こたに大将 at 19:00Comments(3)銃エッセイ

2007年10月28日

やがて豪華なハーレムに ~男と女と引金と(1)

 生来の浮気性か、気がつけば連中の数は片手で数えられなくなっている。毎晩取っ替え引っ替えで弄ぶ。お勤めのように1発で済ませる日もあれば、興に乗せてくれる相棒ならそれこそ時の経つのも忘れて精魂果てるまでつきあう。
 ツンデレ、癇癪持ち、じゃじゃ馬。日々いろんなのを相手にしているおかげで図らずも僕はずいぶんタフでスキルフルな男になりつつある。これなら両手に余るハーレムになっても持ち堪えられる。
 さて今夜のパートナーは「ワルサーP38」。ルパン三世の愛したドイツ娘。もうキミのツボはわかっている。


 男と女と、引き金と。


 

  

Posted by こたに大将 at 20:52Comments(0)銃エッセイ

2007年10月25日

置き場所〜エアガン萌え史(16)

 はるか昔にピークを過ぎたであろうエアガンの世界でしかもオトナ用のチープガン(交換部品を含む取得総額が5000円未満のエアコキ型)のラインナップとなると、東京マルイにハンドガンなど21機種、クラウンに17機種、その他メーカーに各数機種ずつあるとしてせいぜい50機種あるかどうか。まあぜんぶ買ったとしても15万円かかるかどうか。金額的には大したことなおのですが、むしろ置き場所の方が問題になってきます。
 ということで、100均であれこれ揃えてきた部材を駆使してこしらえた僕の部屋のディスプレイがコレであります。並べ方は試行錯誤中です。

 お気軽にメッセージを! 素人同士ならではのお気楽な遊び場を作りましょう。

日本チープガン連盟  

Posted by こたに大将 at 20:14Comments(2)エアガン萌え史

2007年10月24日

お馬鹿の証

 まだ銃歴2ヶ月ですが、ホルスターを携帯入れに使うほどのお馬鹿に成長しました。銃の出し入れがスムーズにできる加工がしてあるためか、携帯の出し入れにも便利です。

 お気軽にメッセージを! 素人同士ならではのお気楽な遊び場を作りましょう。

日本チープガン連盟  

Posted by こたに大将 at 23:08Comments(0)その他

2007年10月22日

種子島

 鉄砲伝来で知られ、火縄銃の代名詞でもある種子島。そこの殿様の苗字はなんとそのまんま種子島さん。そして今なおその血筋は絶えずに続いています。
 種子島さんの末裔は戦時中の航空技術者。メッサーシュミットを模した日本初のジェット戦闘機「橘花」の開発に携わっていたそうです。残念ながら実用化される前に終戦となりましたが。
 それにしても、火縄銃とジェット戦闘機。何だか不思議な因縁を感じます。
 今は亡きその種子島博士のお孫さんが僕の元同僚でした。世が世なら話しかけることさえ憚られたことでしょう。
 で、写真の品は御徒町の古物屋さんで見つけた火縄銃。縮小版でしかも弾の出ないただの飾り物ですが、あまりに安かったので即決で買いました。
 マルシンと刻印されています。こんなモデルガンも作ってたんですね。僕のコレクションに変な厚みが出てきました(笑)。

 お気軽にメッセージを! 素人同士ならではのお気楽な遊び場を作りましょう。

日本チープガン連盟  

Posted by こたに大将 at 23:59その他

2007年10月18日

つくもちゃん到着♪~エアガン萌え史(14)

 待望の「ワルサーP99」とご対面。アキバにもなかった台湾モデルですが、平造ブラザースの通販で発見。2000円台なので即決。日曜に注文して水曜の到着。なかなか対応が早くて好感。米空軍ワッペンがオマケについてました。  続きを読む

Posted by こたに大将 at 22:37Comments(0)エアガン萌え史

2007年10月17日

中華レーザーの使い途~エアガン萌え史(13)

 チープガン仲間の一人、部下のしんちゃんからこんなのもらいました。ドンキの800円中華ガンについていたというレーザーユニットです。本体が壊れたので要らなくなったとのこと。
 さっそく夜中にベランダから光を飛ばして確認してみたら30mほど先でもきちんと点を結んでました。青いLEDの補助灯もついていて、至近なら人影ぐらいはぼんやり照らせそうな気がします。こりゃ面白い。

  続きを読む

Posted by こたに大将 at 23:55エアガン萌え史

2007年10月16日

このモデルにはこのモデル~エアガン萌え史(12)

 ハンドガンとしては10挺目。PC356を押し退けて我がチープガンコレクションの中でナンバーワンになったこのモデルはTVCMにも登場したことのある、美人女優の黒柳陽子さんに持たせてみました。女優ですから飛ばし気味で(笑)。やっぱ、美しいもの同士は映えますな~  続きを読む

Posted by こたに大将 at 22:30Comments(0)エアガン萌え史