< 2018年04月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2010年04月12日

重さ。

 こないだ入手したチャカが妙にズッシリしていてドキドキしたんですが、さて重さを量ってみると392gでした。まぁこの大きさのテッポーにしてはかなり重い方かもしれません。それもそのはず、コイツはいちおうメタルボディなのです(なぜかバレルはプラですがw)。
 しかし根っからのチープ派としては重さなんて本当はどうでもいいというか、むしろ軽い方がしっくりきます。ただ、軽いといってもいったいどれぐらいの重さが馴染むのか、そこはきちんと量ってみる必要があるかと。
 ということで今回はひたすら重さを量ってみますね。
 まずはごく一般的な東京マルイのエアコキですが、、




 291gでした。
 マルコキはだいたい300g前後というところですかね。
 300gがどれぐらいの重さかというと、、




 ちょいと大きめのネーブル1個分です。


 さて、ガスガンだとどうなんでしょうか。


 

 我が家のガスブロでいちばんコンパクトなGLOCK26でも570gあります。
 こりゃ重いゎ。

 で、我が家でいちばん重いやつはというと、、




 計測不能ですw
 WAの旧い固定スライドなんですが、1kg超なんですね。
 これは持ってるだけで肩が凝ります。サバゲではずいぶん足を引っ張ってくれましたw

 で、肝心の中華チープはといいますと、、




 コイツは340gもありますが、、




 「長物」なのに118gなんてのがあったりw




 しかし185gぐらいが標準だったりします。

 これってどんな重さかといいいますと、、




 中くらいのトマトとほぼ同じ。
 ふだんは重さを定量的に見ることなんてないんですが、この企画をやってみていい勉強になりました。
 チープガンはトマトの重さ。憶えましょうw







同じカテゴリー(銃エッセイ)の記事画像
「農!」という答。
「ノルウェイの森」とテッポーの関係
絶品の辛子煮込み
最低の男。
チープガンの愉しみ(4)~その遊び方
チープガンの愉しみ(3)~リアルさとは何か
同じカテゴリー(銃エッセイ)の記事
 「農!」という答。 (2011-01-22 16:00)
 「ノルウェイの森」とテッポーの関係 (2011-01-19 22:36)
 絶品の辛子煮込み (2010-04-19 00:02)
 最低の男。 (2010-04-05 00:02)
 チープガンの愉しみ(4)~その遊び方 (2010-02-08 00:02)
 チープガンの愉しみ(3)~リアルさとは何か (2010-02-01 00:02)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。