< 2009年02>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2009年02月28日

チープ・ショック

 先日、英国の経済誌「エコノミスト」を読んでいたら看過できない1行に突き当たりました。
 それは、
 Half of China’s 9,000 or so toy exporters have gone bust.
(中国では約9000社あった玩具輸出業者の半数が倒産した)
というものです。日本ビジネスプレスの記事はこちら
 あちゃー。
 なるほどそういうことだったのか今さらながら納得。ここ半年ばかり駄菓子問屋に入ってくるチープガンの種類が減っていた背景として、日本国内でのエアガンに対する風当たりもさることながら、出荷元自体がばんばん潰れてたわけですね。そういや問屋のオヤジがぼやいてました。最近あんまし新しいのが入ってこないんだよねと。
 こりゃ困りましたぞ。とうとう我が「チープガン魂。」もこの経済危機の波に呑み込まれつつあるということですか。
 安価な中国製とはいえしょせん玩具は贅沢品。様々な嗜好品とともに家計からは真っ先に切り捨てられるカナシイ運命。
 国内に市場を持たずその売り先をほぼ海外市場に依存していた中国メーカー。その惨状は容易に想像できそうなのに、オイラってば不覚にもこの記事を眼にするまではそういう考えには至らなかったのです。僕の知る限り日本では報道されてなかったですから。あぁ不覚不覚不覚・・・
 いつまでもあると思うな親と金。そしてチープガンも。
 当blogにも緊急対策が必要となりました。
 もはや新しいものはほとんど期待できない現状の中でできることといえば、とにかく既存のチープガンをいじりたおすことだけ。ホネの髄までしゃぶるほど中身の詰まっていない中華銃ですが、ともかくその薄っぺらな筐体の隅っこをつついてでも魂の火を絶やさないでおこうと、逆境になるほど意味もなく燃えるオイラなのでありました。
  

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(2)日本チープガン連盟史