< 2008年11>
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2008年11月19日

短銃身の奇跡(上)

 テッポーは基本的にバレルが適度に長い方がよく当たると思うんですが、例外なのがこの2挺ですかね。東京マルイのGLOCK26(ガスブロ)とP7M13(エアコキ)です。 こればかりは試してみないと何とも言えませんが、マッチに出るならG26にロングマガジンでも挿して闘ってみたいと思うほど。
 理屈はわかりませんが、G26の場合は軽い上にブローバックがスムーズで2発目以降に大きな手ブレをさせない扱いやすさを感じます。P7M13の場合はバランスが悪いと言えるほどグリップがデカいため、銃身がブレにくいのかも。あくまで感覚的なものですが、自分で持った感触としてはそんなふうに感じます。
  続きを読む

Posted by こたに大将 at 00:02Comments(0)新・エアガン萌え史