< 2007年10>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2007年10月11日

打倒、怪力ロミちゃん~エアガン萌え史(9)

 人は見かけによらないというのはあの華奢な体で鬼食いをするギャル曽根を見てても思うことなんですが、今日の写真モデルのロミちゃんは155cmそこそこの華奢なボディにマグナム級のパワーを秘めているという伝説を持つ女の子。一説によると「うる星やつら」のしのぶちゃんレベルだそうです。
 だから参考意見を訊く相手としては最も相応しくない女性なのですが、いちおう訊いてみました。コノ銃ハ重イデスカ?
「超軽いっすよ。エアガンってみんなこんなに軽いんすかぁ?」
 訊くだけ無駄でした。端正な顔立ちの口元が勝ち誇ったような微笑みを湛えています。
「あたしこういうのビシバシ撃ちたいっす。そういうイベントあったらぜったい呼んでくださいねっ!」
 よろしい。殊勝な心がけだ。ならばチープガン限定サバゲーの際にはキミにシリーズ最大再重量の「SOCOM Mk23」を準備しておこう。
 ということで本日、女性メンバー1名追加。ただしこの女に女性ハンデは適用せず!
 ちなみに今日の銃は「H&K P7M13」。僕の現時点のコレクションの中では第8代目、最も銃身の短いモデルです。実銃ではグリップ部分にある出っぱりを握り絞ってコッキングするという特異な機構。エアガンでは安全装置になっていて、ここを絞らないとトリガーが引けない仕組みです。
 コンパクトだし、ゲルマン民族的な合理主義が暴走したような個性的で微笑ましいフォルムなんですが、正直言って持ったバランスはあまり良くなくて、実重量より重く感じます。
 ただしバレルがどうやら真鍮っぽい金色で、それと関係あるのかどうか短銃身の割にはけっこう命中精度がいいのでびっくり。体感上ではPC356を凌駕しています。
 問題はコッキングが思いのほか固いこと。時おりしくじると弾がボディのどこか変な場所に入り込んで撃てなくなったり。中でコロコロいってるんですよ(泣)。射撃競技中にこうなるとかなり焦るでしょうね。せっかくの精度ですが、競技用に調教するのはちと難しそう。
 しかしコレクションの一つとしては持っていて嬉しいモデルです。

 お気軽にメッセージを! 素人同士ならではのお気楽な遊び場を作りましょう。

日本チープガン連盟

  

Posted by こたに大将 at 22:50Comments(0)エアガン萌え史