< 2007年10>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2007年10月06日

お店に行く前に~エアガン萌え史(5)

「お代官さま、これはほんのお口汚しの黄金餅にございます」
「越後屋、そちもワルよのぅ~」
 越後屋とくればなぜか悪徳商人の代名詞。しかしエアガン好きには聖地のような場所であったりします。行ってきましたよEchigoya。
 新宿は百人町、新宿駅と大久保駅のちょうど真ん中あたりにある3階建の立派な店舗は1階がミリタリーグッズ、2階がエアガンのフロア。銃好きではあっても軍関係にはまだ抵抗があるため、迷彩服の並んだフロアを通り抜けて2階に上がるのはなかなか勇気のいる行動でした。
 エアガンのフロアは左側の壁に様々な電動ガンやショットガンの類がズラリと並び、それだけで圧倒されます。真ん中には決してチープではない価格帯のハンドガンやアクセサリ、関連グッズ、そしてその奥の方の右手にかなりの種類のチープガンがプラモデル屋のように積んであります。チープの品揃えもなかなか。前回の「ワルサーP38」もここにありました。
 ただ、マニアショップというのはそこでしか手に入らない、それこそ文字通りマニアックで単価の高いものをメインに置いているものです。この新宿店にはこれだけ多くのチープガンが揃っているからよかったものの、こないだ行ってきた秋葉原店は1フロアしかないこともあってか、入門機的なチープガンはほとんど置いていませんでした。それこそ見ただけでは何に使うのかわからないようなアクセサリもたくさんあって、素人の僕にはあまり居心地のいい場所ではありません。
 ということでチープガン愛好家の同胞へのアドバイスとしては、マニアショップに行くなら事前にチープガンを置いているかどうか電話で確かめておくのがいいでしょう。
 というより、いきなり専門店というのは敷居が高すぎるかも。これまでの経験から、総合ホビー店の方が新参者向けの入門機は充実していると思います。それこそ僕の1号機もラオックスだったし、その後はヨドバシ、さくらやですから。特にさくらやの新宿のホビー館はチープガンの品揃えはかなりのものでした。
 ただ総合ホビーショップの場合、エアガンはたいてい萌え系フィギュアと同じコーナーなので、中途半端に知人に目撃されると違う趣味に走ったかと誤解される可能性があります。

 お気軽にメッセージを! 素人同士ならではのお気楽な遊び場を作りましょう。

日本チープガン連盟  

Posted by こたに大将 at 00:00エアガン萌え史