< 2007年10>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  
Posted by ミリタリーブログ at

2007年10月03日

究極のチープガン??~エアガン萌え史(2)

 さてセンチメーターマスターの容赦ない弾道に魅了されてにわかにエアガンの虜となってしまったという前回の話の続きです。
 それから数日の間、時おり銃を片手に山荘の周辺をパトロールなどしつつ、部屋でゴロゴロしている時は箱に同梱されていた東京マルイなる会社のエアガンカタログを飽きもせず読み耽っていました。せっかくのまとまった休みなので避暑地には何冊も本を持ち込んでいたんですが、けっきょく鞄から出さずじまい。
 見ればいろいろあるんですねー。まさにピンキリ選り取りみどり。ライフルやマシンガンもある。なるほど、「10歳以上」と「18歳以上」があって、「ホップアップ」という球にバックスピンをかけて飛距離を伸ばす機構の有無があって。エアーコッキング、ガス式、電動式があって。ふむふむ…
 とりあえずどんなものがあるかは最低限理解できました。いやはやライフルの類いなんか写真を眺めるだけでゾクゾクしますね。
 そんなわけでまた山荘から10キロほど離れたラオックスに出かけようと思い立ったんですが、そんな時にあろうことかトラブル発生、車が一時的に使えなくなりってしまったのです。
 仕方なく散歩に出たら、集落のはずれによろず売ってますヨ的な駄菓子屋を発見。ふと外から覗いたら・・・あるじゃないですかエアガン!
 ガラス戸を開けて店に飛び込むと、スコープやら何やらついているスグレものまであってびっくり。これまでの人生で出逢った最高の駄菓子屋です。
 さてヨボヨボの爺さんにこの垂涎のハイテクガンの値段を聞いたらあっさり800円だと言ってのけます。は、800円?? まじっすか。爺さんボケてねー? だってこれ、LED照準器とかゴーグルとかついてんだぞ! 後からガタイのいいお兄さんとか出てきて「ハイお帰りに3万」とか言われるんじゃないかとヒヤヒヤしました。
 幸い美人局はおらず無事ハイテクマシンをゲット。約2キロの下り坂を汗まみれになって駆け下り、ミンミンゼミの喧しい山荘でご開帳。
 おぉ。

 作りは値段相応にややチャチながら確かにハイテクっぽい装備に、機械大好き少年のなれの果ては思わず生唾ごっくん。さっそく付属のドライバーで組み立て開始。
 工程約20分。出来上がりは左の写真の通り。暗視用の青いLEDライトはけっこうな照射力です。赤いLEDが十字に光るスコープも迫力満点。これなら夜中に庭の菜園を荒らしにくるイタチどもも威嚇できそうです。
 しかしこのハイテクスコープも弾道に合わせなければ宝の持ち腐れ。ではそろそろ試し撃ちといきますか。
 箱にある「18歳以上」の表記が期待を膨らませます。傍らに置いてあるセンチメーターマスターのあの鋭い弾道が脳裏に蘇り・・・が、BB弾を込めるマガジンを取り出してみると何とも作りが雑でイヤな予感が。まぁ、800円という破格値でハイテク装備付きということから、弾道も半分ぐらい値引いた方がいいかな、と。横浜ベイスターズのマーク・クルーン投手からロッテマリーンズのサブマリン・渡辺俊介投手ぐらいにイメージを変えておきました。
 10発ほどの弾を込めてマガジンをセット。エアコックしてベランダの向こう、5mぐらい先にある菜園のトマトをスコープの十字に収め、引き金に指をかけると・・・あ! 出ちゃった! って、ちょっと軽すぎねー? 何のもったいぶったところもないこの引き金は何なんだ??
 それより弾はどこへ? まさか不発じゃないよな?
 今度はスコープから眼をはずして一発ためし撃ち。
 ・・・。
 ダメじゃん。
 銃口から出た弾は即座にシュート回転でトマトのはるか右にある茄子の方へ。
 たった5m先で2mのズレ。なんという鋭いシュート。お前は中日の朝倉か!
 もう1発試し撃ち。
 なんと今度は切れ味のいいスライダーを披露。トマトのはるか左にある西瓜の方へ。お前は楽天の田中マー君か!
 これでははずそうと思っても当ててしまいそうです。
 部屋へ戻り、箱を改めて眺めると「Made in China」の文字が妙にハッキリクッキリと。やってくれますなぁ、チャイナ。
 というわけでこの世にも稀な変化球投手は東京の自宅では車庫の奥に眠ってオリマス。
 しかし思えばこれこそが究極のチープガンだったのかもしれません。
 このことがきっかけで、威嚇とはいえ生き物に銃口を向けて万が一当たってしまってはまずいと認識し、地に足のついた銃のみを物色するようになりました。はずすにしてもあるていど精度が高くないと危険なのです(笑)。

 お気軽にメッセージを! 素人同士ならではのお気楽な遊び場を作りましょう。

日本チープガン連盟  

Posted by こたに大将 at 00:00Comments(0)エアガン萌え史